~えがないえほん~

今回は〚おすすめ絵本★ご紹介〛

子どもがずっと笑いっぱなし!
全米70万部突破した画期的な読み聞かせの本をご紹介。

 

〚えがないえほん〛ご紹介

『えがないえほん』

B J ノヴァク (著)
大友 剛 (翻訳)
出版社:早川書房


原著は2014年にアメリカで発表され、その年のニューヨークタイムズのベストセラーとなり70万部超の売り上げとなりました。

日本では2017年11月に発行されたこの絵本は、発売当初からメディアでも大きく取り上げられ話題を読んでいたのでご存知の方も多いと思います。

著者のB J ノヴァクさんは、マサチューセッツ州ニュートン生まれ、アメリカ合衆国の俳優・コメディアン・脚本家・監督ど多方面でご活躍されているようです。

翻訳をされている大友 剛さんもまた、多方面でご活躍されていて、ミュージシャン・マジシャン・翻訳家。「音楽とマジックと絵本」で国内外で活動、NHK教育「すくすく子育て」に出演され、更に、東北被災地に音楽とマジックを届ける『Music&Magicキャラバン』設立されているそうです。翻訳では代表作に絵本『ねこのピート』などがあります。
《補足:「音楽とマジックと絵本」は国内外で開催されている人気イベントです!岡山では2018年2月に、以前ご紹介させていただいた~高梁市図書館~てイベント開催されていたようです。最新のイベント情報はこちらから▶http://www.otomotakeshi.com

そんなアグレッシブな方たちにより作り出されたこの絵本、本当に絵がありませんでした。

そして、この絵本にはルールがあります。
「書かれている言葉を、声に出して読むこと」

このたった1つのシンプルなルールで、子どもたちは大喜び!
おまけに、本が好きになって、表現力も豊かになるそうです! !

それではご紹介します。

 

注意!

 

この本は、まじめな本に見えますが
まったくバカげていて、ふざけた本です。

 

もし、お子さんがこの本を選んだなら
あなたは、おバカなことを言わされるハメになります。

 

事前に忠告しましたよ。
なので「知らなかった」と言わないよう!

 

でも、だまされたつもりで読み聞かせてあげてください。
子どもたちは大爆笑するはず。
その様子にあなた自身もきっと癒されることでしょう。

 

裏表紙にこんな注意事項が書かれています。
気になる本の中身をご紹介します!

 

この ほんには
えが ありません

 

えが ない
えほんなんて
おもしろくないよね

 

きっと
タイクツで
つまらないよね?

 

でも まず‥‥‥

 

この ほんの ルールを
せつめいします

 

かかれている
ことばは ぜんぶ
こえに だして
よむこと

 

なにが あっても

 

それが きまり
やくそくね

 

ということは‥‥‥
こんな ことばでも‥‥‥

 

左ページは真っ白で
右ページに黒字で文字が書かれていて
ここまではシンプルな文字だけの本。

 

ここからがこの絵本の真骨頂!

 

ばふっ

 

えっ?
いみが わからない

 

ぶりぶりぶ~!

 

ちょっとちょっと、なにこれ?!

 

こんな ほん よむつもりじゃ
なかったんだけど!

 

それでも、ぜんぶ よまなきゃ だめ?

 

まいったな‥‥‥

いきなり始まったカラフルな文字の襲撃!

黒字で読み手の心情を語るような文章が書かれていて、
この ほん ふざけてる!
と批判しつつも、
もう よまなくてもいい?
だめ?!?

と聞き手に問いかける文もあって、
子どもたちが受け答えできるような作りになっています。

子どもたちには、
この一人二役の文章や
参加型のしくみ、たまりませんよね。

さあ、あなたは最後まで
読み切ることができるでしょうか!?

続きは絵本でお楽しみください。


『えがないえほん』の感想

この絵本、発売当初から日本でも
メディアに多く取り上げられ
話題になっていましたが、
正直そこまで興味が湧かなかったわたし。

今回、友だちが貸してくれた事を機に、
はじめてきちんと読んでみました。

はじめは、ひとりで無言で文字だけ確認。

思っていた通り…絵本に書かれている言葉は
めちゃくちゃで意味がわかりません。

”普段はきちんとしている大人が、
「言っちゃだめ!」「やめなさい!」
と言うような言葉を自分で言ってる!”

その感覚が子どもにとって
面白いのだろうと理解していました。

・・・が!

実際この絵本を口に出して読み聞かせしてみると、
読み手の力量が試される絵本だということに気づきました!

読み手が、本気で読まないと
まったく面白くない絵本になるんです。

ところが、読み手が全力で読むと違います!

普段からクレヨンしんちゃんの真似をしたりする
汚い言葉が面白い男子真っ盛りな4歳の息子に、
「そんな汚いことばっかり言わんで!」と激怒している
来年から中学生になる姉でさえも…

本気で読んで聞かせると、笑わせることが出来る絵本なんです!

 

わたし自身も汚い言葉で笑わせるなんて
下品だと思っていたのですが…笑

実際に読んでみてこの絵本の魅力を実感しました。

『えがないえほん』
大人と子どもの心を近づける事ができる
”面白い”を全力でみんなで楽しむ事ができる
新感覚の斬新なコミュニーケション絵本でした!

 


この絵本を貸してくれたお友達が読み聞かせをしてくれました♪
こうやって子ども同士で読み聞かせし合うのも楽しかったですよ。

読んでる人も、聞いてる人も笑顔になれる絵本です。

息子のお気に入りは

ぶりぶりぶ~!

ぜひ読んでみてください。

 

なまえ:はるかぜ12歳女の子*4歳男の子の母
母になってから、こどもに学ぶ人生。
大変な事もあるけれど、毎日が宝物♪
子育ても、自分も大切に…栄養を。
★素敵な本が見つかりますように★

コメントする