【第3回】「つなぐ人」未来屋書店岡山店~櫻井恭子店長インタビュー記

【第3回】その本屋さんだからできる!人と本をつなぐ

 

未来屋岡山の櫻井恭子店長が尊敬している人のひとりに、田口幹人氏がいる。

田口氏は、約2年前に『まちの本屋』(田口幹人:著/ポプラ社)を出版している。

櫻井店長は、この本をスタッフ全員にすすめて読んでもらっているそうだ。

『まちの本屋』を読むと、櫻井店長がスタッフに「この本を読んでほしい」という理由がよくわかる。

そこには、本を売るノウハウだけでなく、書店員としての大切な姿勢が書かれているからだ。

田口氏も述べているが、人間の身体でたとえるなら、まちの本屋さんは「毛細血管」であり、

未来屋岡山のような大きい本屋さんは「動脈や静脈」のようなものだという。

未来屋岡山のような大きい本屋さんは、たしかに、主流の本を仕入れやすい。

しかし、大きい本屋さんにも弱点がある。それは、常連さんの顔をなかなか覚えられないということだ。

反対に、まちの本屋さんには、昔からなじみの常連さんがいるはずだ。

まちの本屋さんだからこそ、常連さんの好みや必要としていることをよく把握して、

その人にとってぴったりの本を紹介してあげることができる。

まちの本屋さんには、たしかに、主流の本が入ってきにくいという問題点がある。

だが、大きい本屋さんにはない、常連さんとしっかり絆を築くことができるという強みがある。

櫻井店長は、大きい本屋さんとまちの本屋さん、それぞれ役割分担を行えばいいのではないかと考えている。

今、この記事を読んでいるあなたは、どんな本が読みたいだろうか。

今流行中の本を読みたいなら、未来屋岡山などの大きい本屋さんに行ってみるといいだろう。

そうではなく、たとえば、「昔見ていたアニメの原作本がほしいけど、

もう古い本だから大きい本屋さんでは見つけられない」というときには、

まちの本屋さんに相談してみてはいかがだろうか。きっと力になってくれるはずだ。

櫻井店長に、「書店員とはどういう存在なのか」という質問を、直球でぶつけてみた。

櫻井店長の答えは、

「お客様と本をつなぐ人」

だった。

櫻井店長は、「自分が紹介した本でお客様に喜んでもらいたい」という。

お客様にとってぴったりな本が見つかることは、書店員にとって大きな喜びになる。

ある本は、Aさんにとってはとてもいい本だが、Bさんにとっては合わないことがある。

櫻井店長いわく、書店員とは、AさんがAさんにとっていい本と出会えるように、

BさんがBさんにとっていい本と出会えるように「出会い」を生み出す存在なのだ。

この「人と本をつなぐ」方法は、大きい本屋さんとまちの本屋さんで異なるはずだ。

それぞれの本屋さんにしかできない、特別な方法があるはずなのである。

書店員は、その方法を考えて実行していくことが大切ではないか。

大きい本屋さんとまちの本屋さん、それぞれにしかできない役割を果たしながら、共存していく。

それが、本屋さんの明るい未来を作っていくことになる。

自分にとって特別な本と出会えることは幸せだ。

その幸せを、書店員は誰かにプレゼントする可能性を持っている。

▶本屋さんTRIP「未来屋書店岡山店」店舗詳細ページへ▶

《関連記事》
《関連記事》
【第1回】櫻井恭子店長インタビュー記~『出会いの入り口はたくさん!未来屋書店岡山店であなたの本と出会おう』
【第2回】櫻井恭子店長インタビュー記~『櫻井店長の必殺技!なんしょん、ちょっとずるいぞ?』
【第3回】櫻井恭子店長インタビュー記~『その本屋さんだからできる!人と本をつなぐ』
【第4回】櫻井恭子店長インタビュー記~『岡山店ならではの楽しみがいっぱい!』
【第5回】櫻井恭子店長インタビュー記~『面白い本屋さんは自発的に動ける書店員が作る!』


夏也園子/1986年7月31日生まれ。
小説マンガゲーム好きで基本雑食。
最近はなにも読めていない・できておらず(涙)
2014年『フェチクラス』(双葉社)でデビュー、
ほかに『リアルアンケート(上・下)』(KKベス トセラーズ)がある。
最近はホラーだけでなく別ジャンルにもチャレンジ中&新たに本を出版すべく奮闘中。
☆2017年『大原美術館とあなたが紡ぐ物語~小川洋子がいざなう朗読会Ⅲ』にて入賞しました。
http://www.ohk.co.jp/ohara/

コメントする