ストレスを力に変える心理学

ストレスを力に変える心理学

 

今日のテーマなんですけれども・・・

ストレスを味方にする方法ということで、

内容としては「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を判りやすく説明します。

読んだことがある人は復習になりますし、どこが大事なのか、どう実践するかもお話していきます。

ストレスはカラダに悪いものだと言われていますが、

実は、単純に悪いとも言えず、ストレスというのはマインドセット効果といって、考え方次第で良い方向にも悪い方向にも変えられます。

実際に考え方を変えると、大きなストレスを感じた時にそれが成長につながったり、トラウマになるレベルのストレスでも、PTSDになるレベルのストレスでも乗り越えることによってPTSGっていって、心的外傷後成長、乗り越えることによって心が強くなるという見方もあります。

 

ストレスは、ホルモン的には2つのホルモンが中心になっていて、ひとつはコルチゾール、もうひとつはDHEAです。

コルチゾールっていうのは、戦うときに出ます。

コルチゾールが分泌されるとどうなるかというと、糖質だったり脂肪の代謝が良くなってエネルギーを作ってくれます。

戦うためにカラダを準備させてくれているんです。

だから大切なんですけれど、これがずっと分泌され続けると、糖が無駄に分泌されたりだとか、カラダを守ってくれる脂肪がどんどん減ってきますから、うつだったり不安症だったりとか病気にもなりやすくなります。

だからコルチゾールっていうのは起爆剤みたいなもので、ちょっと使うのは良いけれど、大量に使うのは良くないんです。

 

もうひとつのDHEAはなにかっていうと、脳の成長を促したりだとか免疫力を向上させてくれるストレスホルモンなんです。

つまり、ストレスを感じた時に脅威と戦うために、免疫力を向上させたりとか、そこから何かを学ぶために脳の成長を促すための効果を持っているんです。

 

この2つのストレスホルモンのバランスが大事で、コラチゾールの方が多い場合は、ストレスは悪い方に働きます。

逆にDHEAの方が多い場合は、ストレスは皆さんの力になってくれます。

では、このDHEAをどうすればたくさん分泌されるようにできるのか。

エクササイズがこの「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」に書いてあるんですけれど、

基本的にはストレスがカラダに害があるものと考えるのではなく、ストレスが自分に成長をもたらしてくれると、つらい経験とか忘れたくなるような経験でも、そこに意味を見出すことによって自分のプラスになっていくっていうエクササイズです。

 

ストレスがカラダに悪いと考えている人たちにとっては、ストレスは驚異的な存在になります。

どれぐらいかというと、調査の結果ストレスがカラダに悪いと考えている人たちが強度のストレスを感じると死亡リスクが43%上昇するっていうことがわかっているんです。

この死亡リスクの上昇っていうのは、一部の人に限られていて、強度のストレスを感じていて、且つそれがカラダに良くないと思っている人たちなんです。

こういう話をすると、ではストレスが無いって思えばいいんですねって思う人がいるんですけど、そうではないんです。

ストレスから目を背けるのではなく、大事なのはストレスが自分にどんなメリットを与えてくれるかということを考えないといけないんです。

ストレスを自分が受けていることを自分が認識し認めないと効果はないんです。だから、目を背けたり、ボクは大丈夫です!とか、カラ元気は良くないんです。

 

ストレスによる死亡なんですけれど、とても多くてアメリカだと年間2万人ぐらい亡くなっています。

これはで、皮膚がんとかエイズとか殺人とかで死ぬよりもはるかに多いんです。

だから、ストレスが悪いものだと考えることによって、どれだけ人類にとって害悪になっているかっていう話でもあります。

 

あと、ストレスであったりネガティブなものに対する考え方によって、どれだけ効果というか効能が変わってしまうかっていう話があるんですが、例えば、歳をとっていくのは多くの人にとってストレスであったり良くないことと捉えがちなんですが、もっと遊べばよかったとか、どんどん時間なくなるな~とか、そういう後ろ向きな考え方をすることによってどうなるかっていうと、寿命が縮むわけです。

逆に、自分は歳をとることによってどんどん前に進んで可能性が広がっていると、加齢についてポジティブに考えると、平均寿命が7.6年も伸びるんです。

お酒や煙草をしなくて適度な運動もして健康的な生活をしている人たちでも、平均寿命からプラス4年ほどなんですよ。

ということは「年齢を重ねること」に対する考え方を変えるほうが、効果があるってことなんです。

 

あと、人を信用する人のほうが長生きする傾向があることもわかっています。

これはデューク大学の15年間かけて行った研究なんですけれど、55歳以上で「人を信用できる」って思っている人のなんと60%の人の15年後の生存率が60%で非常に高かったんです。

「人を信用出来ない」って思っていた人たちは、40%しか生存できなかったんです。

信じていて、別にだまされてもいいや!そこから学ぶこともあるしとポジティブに考えることが大事なんです。

 

アリア・クラムという人が、コロンビア大学のビジネススクールの先生でして、この人の研究の中で面白い研究があります。

ホテルで掃除とかしてくれる客室係ってすごい重労働なんです。どれぐらいかというと、1時間に約300キロカロリーも消費します。

これはウェイトリフティングとか水中のエアロビクスとか時速5・6キロ程度のウォーキングに匹敵するぐらいの激しい運動なんです。

4週間の実験で、客室係をAとBに分けて、

  • A:その仕事がどれだけカロリーを消化しカラダに良い運動になるのかを伝えたグループ
  • B:なにも伝えなかったグループです

AグループもBグループも全く同じ仕事をしているんですが、4週間後のAグループ、つまり、自分たちのやっていることがいかに健康にいいのかを知っているグループだけが体重も体脂肪も血圧も低下しました。

つまり、健康に良いことをする場合でも、それが自分のカラダにとってどれぐらい良いのかということが判っていないと、結果は出ないということです。

運動するとき同じで、自分が今やっていることがどれぐらい意味や意義があることが判ってやっていないと効果が失われるんです。

例えば、自分が仕事をするときにこんな仕事何の意味もないやって思うよりは、この仕事は辛いけれど何かきっと自分の経験になるぞ、プラスになるぞ、と思ってやるとそういう効果も出てくるわけです。

勉強するときも、その勉強が自分の人生にどういうふうに役立つのかを考えて勉強したり本を読んだ場合のほうが効果が高くなるということです。

プラス思考とはちょっと違って、マイナスだったりネガティブなものや辛いことの中にもどうやって希望を見出していくかっていうことがすごく大事なんです。そうすると行動が変わってきます。

 

今回のポイントを纏めると、ストレスには2つの効果があるんです。

ストレスは、自分を奮い立たせて集中力を上げたりとか、テストのスコアを上げたりとか、免疫力を上げたりとか、そういう効果があるんです。

ところが、同時にカラダをむしばむ効果っていうのもあるんです。

このどちらの効果が出てくるかは、自分のマインドセット(思い込み)で変わるっていうのが1番の肝になる部分です。

 

《この続きのストレスをより力に変えるお話は・・・ メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」チャンネル会員限定の内容です。是非チェックしてみてください。 》

コメントする