『恋人選びの心理学』モテる特徴をさっと身につけるためのおすすめ本

『恋人選びの心理学』モテる特徴をさっと身につけるためのおすすめ本

 

『恋人選びの心理学』外見と性格の恋愛心理学

~モテる特徴をさっと身につけるためのおすすめ本~

▼結局のところ見た目が全ては心理学で覆せるのか

 

 ・勝負は90秒~4分

相手のことを評価するのにどのくらいの時間を要するのか。

第一印象は1000分の数秒で決まるといいますが、恋愛に関する第一印象としては、

90秒から4分ぐらいは猶予があります。MAX最初の4分ぐらいで相手に対する印象を決めているんですね。

その判断は会話というよりは、

身振りや声のトーンとか話すスピードとかのほうが結構重視されるということがわかっているんですね。

どちらかというと、身振りや声のトーンとか話すスピードが近い人がより好感を抱くということです。

だから90秒から4分ぐらいが勝負ですよ。

ここで大事なポイントが有って90秒から4分ぐらいの間に好かれないと行けないと思う人がいるんですけど、

そういうことではないんです。そうすると矛盾が生じます。

 

なんでかというと、多くの場合結婚式とかでもそうだと思うんですけど、

皆さんも経験あると思いますが、第一印象は最悪でした、そこから如何に二人が恋に落ちたか、

如何にラブラブなのかという長ったるい動画がよくあるじゃないですか。

そういった、出会った時は最悪でしたから始まることってよくありますよね。

なんでかというと、この90秒から4分の間に記憶に残ることが大事ですよ、いい意味でも悪い意味でも。

ちゃんと相手の印象に残って、それから次に会うチャンスに繋げられるかってことが大事なんですね。

4分以内に次にまた会いたいと思わせるような、

もしくは気になって記憶に残るような感覚を相手に抱かせることが出来るかっていうことが

非常に重要になってくるんですね。

 

悪い意味で記憶に残っていても良いんです。

次に会った時に覆すことが出来るんですから。

覆ったら、いわゆるストックホルム症候群みたいな感じで、最初すごい悪い人だと思ったのに、

会ってみたらすごい優しいし良い、みたいな覆り方があるわけですね。

どう見ても親切で素直そうな若者がおばあちゃんに席を譲っているところを見るよりも、

オラオラ系でヤンキーでこの人やばいんじゃねぇという人が電車の中で席を譲っていると、

世の中捨てたもんじゃないななんて思ってしまうのと同じパターンなんですね。

ギャップ萌えってやつですね。

ギャップ萌えを狙うってこともできるんでこれはおすすめです。

4分以内に相手の記憶に残るってことを考えてみてやってみてください。

 

・スタイルがいいのと顔立ちが綺麗なのはどちらが得なのか?

 

どっちも得なんですけど、実際に恋がうまくいくかどうかっいうのは、

顔立ちが綺麗な方が良いということがわかっています。

なんでかって言うとですね、スタイルが良いっていう場合、女性も男性もそうなんですが、

短期的な恋愛で終わるケースが多い、顔立ちが良いという場合は

長期的な恋愛が成立しやすいっていうことがわかっているんですね。

 

これは統計的な事実なんでなんとも言えないんですけども、

たしかにスタイルがいいと短期的になりやすいというのは非常に判りやすくて、

スタイルがいい人って結構いっぱいいるわけですよ。

スタイルが良いって、細くて・・・まあ、ボクは細い人が一貫して好きですけれど、

細い人が好きって言う場合もあれば、より細いほうが好きっていう場合や、

細いんだけれども胸が大きい人もいたりとか、男性目線で言ったらですが。

女子から見たら、筋肉の付き方にも色んなタイプがあるんですよ。

でもそんなに差がわかんないんですよね、顔立ちと違って。

 

ところが、顔立ちが綺麗っていうのは、顔にだけ反応する細胞を持っているというふうに言われているんで。

脳の中に顔を判別し目とか鼻とか口とかのバランスを判別する細胞があるんですよ。

だから、顔の違いっていうのは判別できるんだけれども、

スタイルとか体の違いっていうのはそんなに敏感ではないんですよ。

だから、飽きもきやすいっていうことですね。

どちらかって言うとスタイルが良いと短期的な恋愛に陥りやすく、

顔だちが綺麗だと長期的な恋愛に発展しやすいっていうことがわかっているんですね。

 

もっと言うと、スタイルが良くて顔だちもいいて言うのがベストなんですよ。

スタイルが良いと、短期的な恋愛っていうか、声をかけられやすくなるんですね。

そこから長期的な恋愛に発展したいんだったら顔だちが綺麗な方が優位になってくるってことですからね。

手っ取り早く恋を始めたいんなら体を鍛えるのが一番良い方法ですよということなんですね。

 

・みんな誤解している!?男女では求める顔のタイプが違う 

 

女性が求める理想的な顔と、男性が求める理想的な顔がぜんぜん違うっていうことがわかっているんですね。

女性が好きな顔がどんな顔かって言うと左右対称な顔なんです。

要は、女性のほうがめんくいなんですね。左右対称な顔を女性は求めるんですね。

じゃあ、男性はどんな顔を求めるかって言うと、実は男性はそんな派手な顔は求めないんですね。

左右対称で絵に描いたような美人を実は男性は求めていないんです。

むしろ、男性はパートナーとしてはある程度平凡で、若さが見える顔っていうのを求めているんです。

だから個々に大きな違いがあるんですね。

 

女性の場合はなんでかって言うと、女性からすると子供を産み育てるっていうことは簡単ではないですし

長い時間拘束もされるわけですから、良い遺伝子を見極める必要があるんですね。

だからより左右対称な遺伝的に変異の少ない優秀な遺伝子を求めようとするわけです。

ところが男性の場合はどっちかって言うと、もちろん遺伝子の質も大事なんですけど、

ある程度あくまで生物学的にはばら撒けますよね。

そうしますと、妊娠しやすければいいんですよ。そうすると妊娠しやすい若い人を求める方向に走っていって、

そんなに遺伝子の質は求めないよっていうのが生物学的には出ているわけです。

 

で、ここで大事なのは、じゃあ、若くないとダメなんですねとか、

私は結構年齢言っているのでアウトですよねとか、そういうことではないんですよ。

今言いましたよね、顔の好みと。

男性の場合は左右対称を求められますから、

男性の場合はメイクするという手段も無いですから結構大変なんですよ。

ところが女性の場合は化粧だとか、あるいは整形は男性も出来るかもしれないけど、

髪型とか洋服とか、そういったものを使ってですね、若さを擬態することが出来るんですね。

チークなんかもそうですよね、血色を良くすることで若さを擬態していると。

美白なんかもそうで、白くて透明な肌に赤色が映えていると血色が良くて若く見えるというわけですよ。

だから、女性は若く見せることが出来るんです。これがすごく重要だってことです。

 

たた、勘違いしちゃあいけないのは、若さを判断する時は肌色とかそういうのを見るんですよ。

時々、全然若くもないのにピンクのフリフリとか見た目と合致しないファッションとか

している人いますけどあれは絶対やめたほうがよくって、なんでかって言うと、

服装と比べて顔が老けて見えるんですよ。

だから、若づくりっていうのは、メイクとか髪型とかではなくて肌質とかそういうのを高めるための、

例えば栄養学だとか食事っていうのにお金をつかうのは良いんですけど、

服装だけ若くしようという事はやめたほうがいいわけですよ。

そうするとむしろ、顔とか肌とかの若さがないように見えてきちゃうんで、

そうすると、逆効果になっちゃうんですね。

 

だから、服はそれ相応のものにして、その割には肌が若いんだな、

綺麗なんだなと思わせたほうが良いっていうことですね。

年齢相応の服は着るんだけど肌が綺麗っていうのがベストっていうことですね。

 

・同等レベルの魅力がないと恋は成立しない、ただし例外あり

 

基本的に、同等レベルの魅力がないと恋は成立しません。

しないと言われているんですが、重要なのは同等レベルの魅力というのは何なのかということで、

心理学的には、見た目のレベルが同等っていうのがないとダメというのが前提としてあるんですね。

だから、美女と野獣のカップルあるいはその逆というのは基本は成立しないんですよ。

 

じゃあ、それはどういう時に起きるかって言うと、

見た目以外の魅力が充分に高い場合はそれが成立するということなんですね。

つまり、男性で言うと、美女と野獣が成り立つっていうときは、

女性のほうが極端に心理的問題を抱えているという場合以外はですね、

男性が経済力があるとか育ちが良いとか、

そういう見た目のレベルを超えた部分にメリットを持っている場合に起きると。

だからですね、男性は稼げと、要するに。

 

よく、趣味とか性格が合うのが良いという話があるんですけど、これはですね、

女性が性格が合う人がいいよねって言う場合は、これは結構嘘の可能性が高いです。

なんでかって言うと、女性の場合はコミュニティを作ったりとか仲間意識が強いんですよ。

男性と違って競争ではなく共感して生きていく生き物が女性の特徴なんですね。

そうすると、私の旦那はこんなにも魅力的なのとか、

自分が他の人に比べてより良いリソースを持っているなんてことを言うと、

抜けがけをしていると思われて普通はハブられて生きていけなくなっちゃうんですね。

 

つまりどういうことかって言うと、

女性は、本当はお金を持っている方がいいし、見た目もかっこいいほうが良いんですよ。

でもそれを思っていても言わないんですよ。言わないことによって人間関係を作ることが出来るんです。

男性は結構儲かっているとか見え張って言っちゃうのは

自分のほうが上だとか力を誇示するのが男性のコミュニケーションなんですよ。

という男女の違いっていうのがあるので、

女性が性格合う人がいいなっていうときはちょっと疑ったほうが良いです。

それを信じて男子が頑張ると惨めな思いをすることになります。

特にね、内向的な男性はそれで頑張っちゃったりすることがあるんだけどそれはやめたほうが良いです。

 

・異性に魅力的に見えるアルコール量とは

 

イギリスのブリストル大学の研究で、

相手がシラフの場合ワインだと1杯だけにしておくのが外見では最も魅力的に見えると言われています。

これは実際、シラフの被験者たちを用意してその人たちに対して同じ人間の写真を見せるんですね、

ところが写真には違いがあって、何かっていうと写真を撮る前に何杯お酒を飲んだかっていう違いがあるんです。

シラフで写真をとった場合、1杯、2杯、3杯・・・と増やしていた場合、

何杯目が外見が最も魅力的に見えるかっていう実験を行ったんですね。

そうすると、ワイン1杯の時が最も魅力が高かったということがわかっているんですね。

つまりどういうことかっていうと、デートの前で緊張するとか、

ある程度お酒に強くてお酒1杯ぐらい飲んでもいいかなとかいう人とか、

合コンに行く前に自分を魅力的に見せたいとかいう人は、ワインを1杯だけ飲んでいくと、

あるいは最初の駆けつけ1杯でその後はノンアルコールとか、そういうふうにしていたほうが、

相手がシラフの場合はですが、魅力が一番高くなるっていうことがわかっているんですね。

統計学的な話なので1杯で顔が真っ赤になる人とか早めておいたほうがいいですね。

 

ビアゴーグル効果はですね、男女差でいうと男性の方がビアゴーグル効果は高いという話もあります。

ビアゴーグルが何かっていうと、お酒を飲むと、特に男性の場合は女性に対する評価が上がるんですね。

どういうことかというと、お酒を飲んでいる時のほうが男性は同じ女性にも綺麗だ、

かわいい、美しいと評価を下すんですね。

理由があって、お酒を飲むことによってドーパミンが分泌されて、狩りのモードになるわけですね。

 

更にお酒を飲むと男性はものが左右対称に見えてくるっていうことがわかっているんですね。

つまり左右対称でない女性の顔を見ても左右対称に見えるんで綺麗に見えるっていうことなんですね。

だから、女子は、男性には上手にお酒を飲ませると良いと思います。

 

無理やり飲ませるのは良くないですが、上手に飲ませてあげると自分の魅力を高めることが出来ます。

 


以下、メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」チャンネル会員限定の内容です。

是非、チェックしてみてください。

▼モテ男子&女子の性格を分析
・ 似過ぎは破局!似ているけど学べる違いがある2人がうまくいく
・普通に甘んじるぐらいなら病的な方がモテる
・ダメな人を好きになる共依存型恋愛の罠
・ 私と仕事どちらが大事なの?回避依存型恋愛の恐怖
・ 男女別、相手に求める性格的特徴とは

▼ココを見ている!?モテる条件とは
・ 過去6人以上の女性に告白された”モテ男子”の特徴は以外にも…
・米ホープ大学からオラオラの時代終了のお知らせ、ぶっちゃけ謙虚な男のほうがモテる
・お一人様女子が今すぐ10cmのヒールを履くべき理由とは
・90%の女性がセクシーで素敵だと思う男性の趣味とは
・アウトドア派vsインドア派モテルのはどっち?
・今から準備!約60%の恋は???に始まる

 

▼モテる特徴をさっと身につけるためのおすすめ本

↑20時間で持てる特技を身につけるための本、
著者が実際に20時間で様々なことにチャレンジしている事例がわかりやすい

↑いい意味で病的になって、収入を増やしモテるようになりたいあなたへ

「病的=ぶっ飛んでいることを貫ける人、つまり、男性の場合は稼げる人」

コメントする