自分を有能に見せるための目線の使い方

自分を有能に見せるための目線の使い方

 

今日は目線の使い方を軽くお話して、

人とあった時に話す内容よりもまずは目線をうまく使わないと話が始まりません。

目線をそらすことによって、どれだけ損をしているのかというお話と、

目線をこういうふうに使うと良いですよというお話と、練習の仕方のお話します。

目線について掘り下げるテーマで進めます。

 

今日のテーマですが、

  • 有能な人に学ぶ目線とアイコンタクトの秘密とは?
  • 焦っていることを悟られたくないあなたのための目薬の使い方
  • ポジティブになるための目線の使い方
  • 歩きながらでも出来るチャンスに気づく力をアップさせるトレーニング

最終的に・・・ダテメガネとコンタクトの組合せが最強だというお話をしようと思います。

どういう意味なのかは後ほど説明します。

 

まずは一つ目、

有能な人に学ぶ目線とアイコンタクトの秘密とは?

有能な人って目線の使い方が独特なんですよ。

どう独特かというと、簡単な話で、とても目線を合わせるんですよ。

ずっと目を合わせてくる人は、疑いを持っているとか、ネガティブな感情を持っているとか、

そんな話をネットの記事とかで目にしますが、基本的には正しくないです。

実際に心理学者が研究したところによると、

有能な人ほど相手と目を合わせる傾向が強くて、

更に、目を合わせていると有能に見えるんです。

だから、意識的に目を合わせるだけで、

相手から見ると、有能だな、自信があるな、と思うわけです。

 

では、有能な人ほど目を合わせるということはわかったけれど、どれぐらい目を合わせるのか?

例えば、孫正義さんや柳井正さんのような有名な経営者、スティーブ・ジョブズやオバマ元大統領とか

世界的にも有能と思われている人たちがどれぐらい目を合わせていると思いますか?

ほとんどの人が90%を超えています。

たしかスティーブ・ジョブズが94%とかだったと思います。

つまりほとんど誰かと目を合わせているんです。

目を合わせて伝えるからこそ引きつけることが出来るんです。

そんな世界的にも有能で人を惹きつけてきた方々に学ぶのであれば、

アイコンタクトの時間を90%以上にしましょう。

 

意識的に練習するのであれば、

相手が目をそらすまでこちらは目をそむけないようにするとかしてみてください。

これ、相手に対して失礼ではないのかと思う人がいますが、大丈夫です。

人は思ってい以上に目を合わせていられませんから、相手が目をそらしてくれます。

 

目をずっと見てくる人って、信用ができないとかプレッシャーを感じて嫌だなと言う人がいますが、逆なんです。

そういう人は、人を疑ったり何かを疑うことに長けているんです。

自分が目を合わせない人間だからこそ、他人が目をじっと合わせてくると、この人なにかあるんじゃないかと疑ってしまうんです。

 

最初は、目を合わせるのが大事です。

ただ、ずっと目を合わせているだけでは勿体無いんです。

特に、相手が自分と同レベルもしくは下かなというレベルの相手との交渉の場合、

しっかり目を合わせて、相手にこの人は目を合わせてくるなという印象を植え付けるんです。

その上で、変なタイミングで目をそらすんです。

そうすると面白いことが起きます。

相手は、何で目をそらしたんだろう、なにかまずいこと言ったかな、など不安を与えることが出来るんです。

これをどのように使うかというと、

喋っている間ずっと目を合わせているわけです。

途中で相手の発言に疑いを持ったとします。

疑いや疑問を持ったら、その話の途中で、特に相手が強調してきたタイミングですっと目をそらすんです。

そうすると、相手はなんで今目をそらされたんだろうと不安になるわけです。

ここで相手が自信を持っている場合は、もう一度言い直してきます。もう一度しっかり説明しようとしてきます。

逆に、自信がなかったら、やばい!バレたかもしれない!となるわけですよ。

となると説明の仕方がおかしくなったりちぐはぐになったりするわけです。

 

つまり、最初に目をしっかり合わせて縛っておくことで、不安を与えることが出来るので

相手にやましいところがあるならばボロを出させることが出来るわけです。

これは、僕もよく心理戦の番組などでも使っているわけです。

心理戦では言葉だけでなく目線で相手を揺すぶります。


 

「目線」の使い方だけでなく、相手を思い通りに動かすメンタリズムを学びたい方は、

 

その他、自身の著書もご紹介♪
超集中力

ウィルパワーダイエット

つづきの詳しい目線の使い方のお話は「メンタリストDaiGoの心理分析してみた!」でご紹介しています。

コメントする