給料をあげる「人たらし」の心理学

今日は給料を上げる心理学です!

内容としては、

  • 雑学があるほど人たらしになって、自分が動かなくても給料が上がる
  • 想像力があれば年収は1.48倍になる
  • シンプルな服を着ているほうが仕事が取れる

ほか、ありとあらゆる方法で給料をアップする方法を紹介します。

つまり、給料を上げるためのありとあらゆる方法を紹介します。

 

給料に関してなんですが、

人たらしというと誤解を与えますが、人間関係を良くする力とか、人を魅了する力が高い人ほど収入が高いわけです。

つまり、給料を高くするにはどうすればいいかというと、人を魅了できるような人になればいいというわけです。

 

俳優さんとかエンターテイメントで活躍する人の持っている力というのは、ビジネスにおいても、人を上手に巻き込む力とか、カリスマ的に人を魅了する力となって、給料のUPにつながるということです。

資格をとったり、コツコツがんばれば給料上がるんじゃないかと考えがちですが、そうじゃないんです。

一番手っ取り早いのは、人たらしになることです。

甘えるのが上手い人なんかも一種の人たらしですね。

協調性とはあまり関係がないです。外交性とかは必用だと思いますが。

間違わないでほしいのは、ご機嫌取りとは違います。

そうではなく、自分の魅力でたらしこむような感覚を持って人と接していかないと給料は上がらないということです。

人をたらしこむ能力を上げていきましょう。

 

テキサス大学のサム・ゴールドさんの研究によると、800社、5,000名を対象に調査した結果、人をたらしこむ能力が高い人ほど高い給料をもらっているということがわかっています。

更に、リストラされにくいこともメルボルン大学の研究でもわかっています。

科学的にも証明されているわけです。

コミュニケーション能力とは違います。

ミステリアスな雰囲気をまとって人を惹きつけてもいいし、喋るのが得意ならそれで惹きつけてもいいし、大勢の中では目立たないけど1対1で話すと魅力的とかでも良いわけです。

その人なりの人たらしになればいいわけです。

あらゆる自分の特性を使って人を惹きつけましょう

 

上司に気に入られる部下とは、

仕事でのある特性が上司からの評価を良くするということがわかっています。

気に入られるのは行動的な部下だったということがイリノイ大学の6ヶ月間の様々な企業への研究でわかっています。

たくさん動いているということを見せることが大切です。縁の下の力持ちになってはダメです。

 

あと、他人の成果も自分の成果のようにしてしまう方法があって、

「あの人はこういうことをやってまして、この人はこういうことをやってまして、私はこういうことをやって・・・」といった感じで、まとめて報告することによって評価が上がります。

いい報告をする人が評価が上がりやすいです。逆に悪い報告を持ってくる人は、それがその人のせいではなかったとしても評価が下がります。

あと、いい報告は接点を多くした方がいいので、普段はメールだけど本当に良い報告のときだけは面と向かってするとかもいいです。

 

もうひとつ、

想像力が大事です。

イメージ力があるほど年収が上がります。

カナダのコンコルディア大学の実験で、イメージ力のある人とない人を比べると1.48倍も年収が違う事がわかっています。

想像力を上げるためにはどうすればいいのか。

副業や趣味が想像力を上げてくれます。

想像力を上げてくれるような楽しいことをしましょう。

お金の使い方も大切です。お金もより想像的で他の人がしない使い方を考えたりしたいですね。

 

見た目も気を使ったほうが良いです。

見た目が良いほど、年収が上がります

ピッツバーグ大学の研究で、男性の場合は1万ドルアップします。女性の場合は4,200ドルアップすることがわかっています。

体にコンプレックスのある人は、そのマイナスをプラスに変えることで、大きく変化させることが出来ると考えてください。

ダイエットをしたい人は・・・こちらの記事をチェックしてください。

服装は、高級で派手な服を着ている人より、シンプルでおしゃれに人を着ている人ほど、仕事がたくさん集まってきます。

 

最近面白かった本なんですが、

弁護士の河瀬 季さんという方が書かれている「デジタル・タトゥー」です。

この方、元エンジニアの弁護士なんです。

ネットリテラシーが高くて、元エンジニアの弁護士集団をつくったりしています。

ネット上の誹謗中傷や風評被害を扱っているんです。

普通の弁護士から見ても、エンジニアから見ても、この人にはかなわないですよね。

そういう土俵で戦うと、競合も現れにくいですよね。

弁護士とはエンジニアとして戦い、エンジニアとは弁護士として戦うことが出来るわけです。

 

いろんなジャンルに興味を持って、組合せていくことがこれからは大切になります。

 

 

ユーモアや想像力がある人ほど、高い地位につけます。

遊び心が大事なんです。

どうすれば成功するかではなく、どうしたら面白いかと考えたほうが良いです

 

 

より詳しく給料を上げる方法を知りたい方は、メンタリストDaiGoの心理分析してみた!もチェックしてみてください。


 

メンタリストDaiGoも応援中~!

#猫バンバン

コメントする